転職先から「内定」の連絡をもらったら、入社前に必ずしておくべきこと

初めての転職活動で応募した企業から「内定」の連絡をもらった場合、何をどのように確認し、決断する必要があるのか、何を準備すべきなのか、よくわからないことも多いと思います。今回は、「内定」の連絡を受けてから、入社前に必ずしておくべきことについてお伝えしましょう。

内定連絡の段階で確認したいことを質問

まず面接後、みなさんに応募先企業からメールや電話で内定の連絡があるはずですが、その際にすぐに「はい、わかりました。」とだけ返事をしないことをお勧めします。この企業に入社するのかどうかを決める重要な要素を質問できるチャンスです。「家族と相談し、お返事させていただきます。」など考える時間を一旦作り、質問したいことを整理すると聞きやすいでしょう。

確認すべきことは、
・月額給与
・ボーナスを含む想定年収
・就業時間
・残業時間の目安・残業代の有無
・配属先
・試用期間の有無・期間
などです。

面接の段階で話があった場合には、面接時に聞いた内容で間違いないかどうか、念のため確認するとよいでしょう。聞きたいことがたくさんある場合には、「確認させていただきたいことがあるため、一度お伺いしてもよろしいでしょうか?」と人事の人にお願いし、直接会って質問する方法もあります。もし、この段階で思っていたものと違うようなら、内定を辞退するかどうか決断しましょう。

雇用契約書を送ってもらい、届いたら内容を確認

会社によっては待遇の質問をすると「雇用契約書で確認してほしい」と言われる場合もあります。その場合は、契約書を見て内容をよく読み、わからない点があれば質問しましょう。入社前に送られて来ない場合がありますので、注意が必要です。もらえない場合は催促しましょう。契約書には通常、

・雇用形態
・雇用期間
・就業時間
・休日・休暇
・賃金形態 
・時間外労働(つまり残業)の時間、賃金などの規定
・社会保険・労働保険

などの説明が記入されています。求人情報に記載されている内容や面接などで聞いたことと違いがないか、よく確認してください。署名捺印して入社前に送り返す必要があれば、内容に納得したらすぐ行いましょう。

提出書類にきちんと記入し手続きする

雇用契約書を始め、転職先の会社から給与の振り込み先、マイナンバー、連絡先などの個人情報、年金手帳、離職票の提出など様々な手続きの連絡もあるはずです。入社日に持参するように指示がある場合もありますし、事前に送付するよう求められる場合もあります。提出を依頼された書類は、必要があれば署名や捺印などきちんと記入をし、速やかに準備しましょう。まず転職先での最初の印象を好いものにするためにも、期限は守って間違いなく行うことが大切です。

準備しておくとよいことを確認、勉強を始めよう

最後に、人事の人や、直属の上司に会えた場合には上司に、「入社前に準備しておくとよいことがあれば教えてほしい」と聞いてみることをお勧めします。業界の知識、新しい職場の知識など何かアドバイスがあれば、まずは本を読むことからでも始めるとよいでしょう。「特にない」と言われた場合は、その業界や職種、担当する業務に関する本を自分で調べて読むことや、自分が不安なスキル、例えばPCスキルや英語、コミュニケーション力などに役立つ情報をネットで調べ、練習しておくだけでも少し不安が解消されます。ぜひ取り掛かってみましょう。

まとめ

新卒入社の時は、あまり理解や意識をしていなかったかもしれませんが、転職時には、みなさんがしっかりと自分で調べ、入社の決断をしたり、準備をする必要があります。受け身の姿勢でいるのではなく、自分から確認し行動するように心掛けることが、入社後の仕事をスムーズに開始できる重要ポイントなのです。

渡部 幸
渡部 幸

キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、全米NLP協会認定トレーナー、コーチ。アクトクリア代表。青山学院大学卒業後、営業統括、アパレル業人事マネージャーなどを経て独立。就職・転職相談、企業内での相談、企業研修、キャリアデザイン、コミュニケーション力などのセミナーで支援した人はのべ45,000人にのぼる。自身の転職や離婚、不妊治療などの経験も糧に、心理学等のスキルを活用し、モチベーションを保ちながらやりたい仕事を達成する支援力が強み。著書『1週間で面接に自信がつく本(ナツメ社)』『採用側の本音を知れば就職面接は9割成功する(KADOKAWA)』他。

ご自身のキャリアに悩んだら、
「プロのキャリアアドバイザー」に
ご相談ください(サービスはすべて無料)。

キャリタス転職エージェント会員登録(登録無料)