入ったものの何か違う?入社1年目で転職をお考えのあなたへ

入社後1年も経っていないけれど、今の会社でずっと働くイメージがわかない、かといって転職しようにも求人があるのか、スキルが足りるのかと不安になりながら転職サイトをみている方もいらっしゃるでしょう。そんなあなたへのアドバイスを、キャリアカウンセラーがお贈りします。

卒業後1年未満での離職率

厚生労働省が新規学校卒業就職者を対象に、在職期間別離職状況を調べた統計データ(※)をご紹介しましょう。大学卒業者の直近での推移をみますと、
2015年3月卒業者の11.9%
2016年3月卒業者の11.4%
2017年3月卒業者の11.5%
が卒業後1年未満で離職していました。ここ数年、11~12%程度で推移している傾向となっています。

それでは、彼らはなぜ新卒で入社した会社に不満を感じているのでしょうか。

不満を感じていること

キャリアカウンセラーの筆者も、「入ったばかりの会社を辞めようか迷っている」という相談を受けることがあります。これまで受けてきた中で、代表的な「不満内容」は以下の通りでした。

・希望の部署に配属されず、今のままでは成長できないと感じた(将来性に疑問を持った)

・思っていた仕事と違って、モチベーションが上がらない

・上司や同僚との人間関係が悪い

・深夜や休日にも業務がたびたび発生するなど、残業が多すぎる

皆さんの中にも、上記にあてはまるという方がいらっしゃるかもしれませんね。

何があれば満足できるのか

転職を考えるからには、先ほど例示したような「不満点」が解消される職場に行きたいと思うことは自然なことでしょう。例えば、「残業が多すぎる」職場が嫌だと感じているのであれば、定時退社できる職場は魅力的かもしれません。

ただ、「不満点を解消する」ことばかりに集中して転職先を探そうとすることは、時に危険を伴いますので注意が必要です。

ここで、アメリカの臨床心理学者フレデリック・ハーズバーグが提唱したモチベーション理論である「動機付け・衛生要因」をご紹介しましょう。

動機付け要因とは、「満足要因」とも呼ばれ、代表的なものは仕事の内容や達成感、昇進、キャリア成長などです。これらが充分であれば、私たちはモチベーションが高まります。

一方、衛生要因とは分かりやすく言うと「不満足要因」であり、職場の環境や人間関係、作業条件(金銭・肩書など)が代表的なものです。これらが不十分のときに、私たちは「不満」と感じます。ただし、逆に必要十分な状態であったとしても、必ずしも「満足」にはつながらず、モチベーションが上がるとも限らないのです。

つまり、転職先を選ぶにあたり「不満足要因の解消」ばかりを考えてしまうと、「特別強い不満はないけれどモチベーションが上がらない」ということにもなりかねないというわけです。

先ほどの例でいえば、「定時退社できるようになった」(=不満足要因の解消)としても、もし「仕事にやりがいが感じられなくなった」(=満足要因の不足)のであれば、その転職は結果としてうまくいかなかったといえるかもしれません。その結果またしても早期退職してしまうことになれば、転職成功の可能性はさらに狭まってしまうのです。

入社1年目での転職を考えるにあたり

新卒で入った会社でできること、できないこと、不満足要因と満足要因を整理した上で、「やはりこのタイミングで転職をしたい」と思っている皆さんへ、最後にアドバイスを贈ります。

・大事な決断を急ぎすぎない
自分がやりたいことが、本当に新卒で入った会社で実現できないのかについて、慎重に考えましょう。今はできなくても、部門異動などで実現できるケースもあります。転職するという選択肢だけしかみえずに突っ走ってしまう方もみられますが、今後の社会人人生を左右するかもしれない大事な決断ですので、短い間で決めようとしないことも大切です。

・転職を意識しながら、定期的に求人情報をチェックする
「急ぎすぎない」ことは大切ですが、転職市場の状況を随時チェックしておくことも同じく大切なことです。現状どのような求人が出ていて、望まれるスキルがどの程度なのかについて、求人情報から把握することで、今の自分に足りないと思われるスキルがあるようなら更なるスキルアップを考えるのも効果的でしょう。既卒・第二新卒向けの転職サイトもありますので、情報収集にぜひ活用してください。

※新規学校卒業就職者の在職期間別離職状況|厚生労働省

浅賀 桃子
浅賀 桃子

慶應義塾大学卒業後、ITコンサルティング会社人事などを経てカウンセラーとして独立。2014年ベリテワークス株式会社として法人化。ビジネスパーソンのメンタル不調者やキャリアチェンジに悩む方のケアを中心に、カウンセリング実績5,000名超。予防カウンセリングに強みを持ち、ストレス・メンタルヘルス・キャリアデザインなどのセミナー多数開催。CDA登録キャリア・コンサルタント、メンタルヘルス・マネジメント検定I種、ストレスマネジメントファシリテーターなどの資格を持つ。

ご自身のキャリアに悩んだら、
「プロのキャリアアドバイザー」に
ご相談ください(サービスはすべて無料)。

キャリタス転職エージェント会員登録(登録無料)