あなたは何社応募していますか?転職活動における適正な応募企業数とは

転職活動に関するご相談を受ける際に「何社くらい応募するのが望ましいのでしょうか」と質問されるケースがあります。転職活動においては、企業への応募が極端に少ないのも、逆に多すぎるのも、転職成功に繋がりにくい傾向があります。応募数はどの程度が適正と考えられるのかについて取り上げます。

「応募は最低20社必要」…これ、本当?

先日キャリアカウンセラーの筆者のもとに相談にいらした29歳のAさんは、在職中に2回目の転職活動を進めているさなかでした。「何社くらい応募するのが望ましいのでしょうか?」Aさんは不安そうに質問してきました。理由を尋ねると「人材紹介会社に登録しているのですが、20代で2回目の転職ということで、最低20社に応募しないと転職は成功しないという話を聞いたので、人材紹介会社から紹介された企業には片っ端から応募書類を出すようにしているんですが、これでよいのかと不安なんです」とのこと。

確かに、人材紹介会社の中には書類選考通過率を考慮し、応募企業数を多めにすることを勧めていることがあるようです。しかし、現時点で会社に在職中のAさんは通常業務の合間に紹介された企業について調べ、応募書類を作成しているため、「正直、1社あたりにまとまった時間をかけられずにいて、だからか書類通過率も悪いんです。紹介会社からは、まあみんなそんなものだよとフォローされていますが」といった状況になってしまっています。

転職活動は「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」で行うものではありません。このように、その企業についての十分な研究時間もとれないまま、半ば安易に応募するような活動をいくら続けても、企業にとっても応募者にとってもよい出会いには繋がらないでしょう。

「志望企業が絞れているから、応募は2社だけ!」…それって大丈夫?

次に、上記Aさんと正反対といえるBさん(28歳)についてご紹介しましょう。

Bさんは初めての転職活動に臨んでいます。Bさんはプログラマとして約5年の実績を持ちますが、客先常駐での作業が多いこと、もう少し上流工程と呼ばれる要件定義などの経験を積みたいことから、30歳を前に転職を決意しました。客先での担当プロジェクトがひと段落したことを機に、転職先が決まる前に退職したBさんは必死に企業研究をし、志望企業を2社に絞り込みました。自信を持って書類選考に臨んだものの、なんと2社とも不採用の通知が。ショックのあまり相談にみえたのでした。

書類選考の通過率は業界によっても多少異なりますが、Bさんの志望するSI業界を例にするとおよそ3割とされています。いくら本人に自信があったとしても、2社とも不採用になってしまうケースは決して珍しくはないのです。

応募企業数を考える際に不可欠なこと

AさんとBさんの事例から、応募企業数は多すぎても少なすぎても、良い結果には繋がりづらいことがわかるでしょう。

Aさんのように「最低20社」などと、在職中にもかかわらず応募数が多い場合は、応募企業の研究が思うようにできないこと、在職中ゆえにスケジュールの調整が難しくなることが考えられます。仮に書類選考に通ったとしても、面接が重なってしまうケースも多くあり、本人の体調にも影響が出る可能性があります。数にとらわれた転職活動は逆効果になることも多いことに注意したいものです。

かといって、Bさんのように数が少なすぎるのも問題です。特にBさんの志望する「上流工程を担当できるエンジニア」職に関しては、企業ホームページなどだけではわからない情報も少なくありません。過度な絞りすぎは危険ですので、様々な情報を収集し、多少条件的に希望と違っていたとしてもチャレンジしてみる姿勢も必要でしょう。

おおむね7~8社程度が適正

いかがでしたか。現在在職中なのか離職中なのか、応募する業界の選考通過率によっても多少異なりますが、現実的には7~8社程度が適正になってくると考えられます。ただ、それぞれの応募先ごとにしっかり企業研究の時間が取れるかどうか、視野を極端に狭めない程度に軸を定められるかどうかが、各人の応募企業数の適正となってくるでしょう。

浅賀 桃子
浅賀 桃子

慶應義塾大学卒業後、ITコンサルティング会社人事などを経てカウンセラーとして独立。2014年ベリテワークス株式会社として法人化。ビジネスパーソンのメンタル不調者やキャリアチェンジに悩む方のケアを中心に、カウンセリング実績5,000名超。予防カウンセリングに強みを持ち、ストレス・メンタルヘルス・キャリアデザインなどのセミナー多数開催。CDA登録キャリア・コンサルタント、メンタルヘルス・マネジメント検定I種、ストレスマネジメントファシリテーターなどの資格を持つ。

ご自身のキャリアに悩んだら、
「プロのキャリアアドバイザー」に
ご相談ください(サービスはすべて無料)。

キャリタス転職エージェント会員登録(登録無料)