転職面接で自信があったのに不採用?人事のホンネ「あなたが不採用になった理由」

転職面接での受け応えは自信あり。面接官の感触もよさそうだった。絶対合格したと思っていたのになぜか不合格の通知が届いてしまった……。そのような経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか?人事出身のキャリアカウンセラーが事例を交え、「あなたが不採用になった理由」をお教えします。

不採用理由①応募職種としての意識が不足している

【29歳・IT営業職志望Aさん】の事例

新卒で入社した会社で約5年半、システム開発業務に従事していたAさん。システム開発のプロジェクトに関わる中で、要件定義、基本設計、進捗管理などフェーズごとに多くのコミュニケーションが必要となりました。あるプロジェクトのリーダーに任命されたAさんは、作業工程を細分化しスケジュールを立てることにより、起こり得るリスクを極力回避することに成功、お客様との信頼関係を築いていました。この調整力を活かしたいと、30歳を前にIT営業職に応募しました。

採用担当者も、未経験ながらAさんのこれまでの業務での調整力やお客様との折衝能力を評価し、面接にAさんを呼びました。前職での業務内容などを面接で改めて確認し、自社で求めているスキルを十分に備えており、未経験でも活躍することはできそうだと感じたものの、Aさんが話した前職の退職理由がひっかかったといいます。

書類上では取り繕っていた前職の退職理由ですが、面接の場で突っ込んで聞いてみると、明らかに前職批判ととらえられる内容だったのです。さらにその中で、正式には公表していないと思われる前職のプロジェクトの内容や取引先会社の名前などについて口を滑らせてしまったのです。Aさんの本音が思わず出てしまった退職理由がきっかけとなり、人事担当者は不採用にすることを決めたのでした。

多くの見込み客と接することになるIT営業は、自社の窓口であり会社の顔となりうる存在です。突っ込まれて聞かれたときに前職の批判や機密情報を口にしてしまうような方は、いくら業務のスキルが備わったとしてもお客様との窓口としての意識が不足してしまうのではないかと考えたわけです。折衝力などのコミュニケーションに自信があっても、そもそも「お客様との窓口」である応募職種としての意識が不足していると人事に思われてしまうと不採用に繋がってしまいます。

不採用理由②面接時の言葉遣いがフランクすぎる

【28歳・営業職志望Bさん】の事例

Bさんは、前職で3年間営業の経験があり、かつ類似業界の営業職に応募したこともあり、書類選考は問題なく通過。面接も一次、二次と順調に通過し、最終面接に。

最終面接の場で、役員と意気投合。Bさんはてっきり合格間違いなしと思っていたそうですが、まさかの不合格に。

気になるその理由は、「役員面接時に意気投合しすぎて、これまでの一次、二次面接の時と比べて言葉遣いや対応が露骨に変わった」ことでした。数回面接を重ねる中で、緊張が徐々にほぐれてくること自体は問題ないのですが、役員に対して必要以上にフランクになりすぎてしまったのがNG。敬意の感じられない発言や言葉遣いが気になるようになり、ビジネスパーソンとして顧客と対面した際の資質を問われてしまったケースです。雰囲気が良いなと思っても、最後まで気を抜かないようにすることが必要です。

不採用理由③実績・成功事例が前職の環境に依存している

【27歳・人事職志望Cさん】の事例

新卒で入社した会社で約5年半、採用アシスタント業務に従事していたCさん。前職では異動が少ない部署のため、なかなか採用アシスタント業務から幅が広がらないため、これまでの経験を活かしたキャリアアップ転職を目指し、より規模の大きい企業の人事職に応募しました。

面接の場でCさんは前職での実績を強くPRしたのですが、その実績がCさん自身によるものというよりは、前職の環境要因によるものだと判断され、不合格に。

「前職の環境下」では成功できたとしても、転職先の会社の環境でも同様に実績が積めるか(再現性があるか)どうかを、人事は見ています。成功した要因がまぐれ(がむしゃらにやってたまたまうまくいった、など)ではないか、転職先では実績が残せない、応用できなさそうだと判断されてしまえば、実績をPRしたつもりでも効果がないこともありえるのです。

以上、志望者側は自信があったのにもかかわらず不採用になってしまった代表的な3つのケースをご紹介しました。今一度これまでの面接を振り返り、身に覚えがあるようでしたら意識して面接に臨まれることをお勧めします。

浅賀 桃子
浅賀 桃子

慶應義塾大学卒業後、ITコンサルティング会社人事などを経てカウンセラーとして独立。2014年ベリテワークス株式会社として法人化。ビジネスパーソンのメンタル不調者やキャリアチェンジに悩む方のケアを中心に、カウンセリング実績5,000名超。予防カウンセリングに強みを持ち、ストレス・メンタルヘルス・キャリアデザインなどのセミナー多数開催。CDA登録キャリア・コンサルタント、メンタルヘルス・マネジメント検定I種、ストレスマネジメントファシリテーターなどの資格を持つ。

ご自身のキャリアに悩んだら、
「プロのキャリアアドバイザー」に
ご相談ください(サービスはすべて無料)。

キャリタス転職エージェント会員登録(登録無料)