転職面接で「思いもよらない質問」や「突っ込み」が来た時の対処法

転職の面接では「志望動機」「退職理由」「自己PR」「職務経験」などではなく、時に思ってもみなかったような質問や鋭い突っ込みが入ることもあり、戸惑ってしまう人も多く見かけます。今回は、事例を紹介しながら、そんな時の対処法をキャリアカウンセラーがお教えします。

面接官の質問の意図を理解する

まず大切なことは、面接官がなぜそんな質問をするのか、意図をしっかりと理解することです。採用側が「思ってもみないような質問」をするのは、事前に考えて用意してきた答えを聞くのではなく、その時その場で皆さんがどのように考え説明してくれるのか、柔軟な対応を知りたいと思っているためです。

例えばAさんは、明るく積極的に発言をしていたつもりでしたが、「あなたは気が強いように見えますが、実際に人と上手くやっていけますか?」と質問をされました。こんな時、皆さんだったらどのように答えますか?

自分の意見に理由や根拠をプラスしよう

もちろん、正解は1つではありません。人によって回答は違ってよいのですが、「いいえ、気が強いことはありませんので、大丈夫です。」という答え方はしないほうがよいでしょう。なぜなら、面接官が納得するような根拠や理由が示されていないからです。相手は、皆さんが思わぬ質問にどのように対応し、説明しようとするかを見ていますので、慌てずに落ち着いてにこやかに答えましょう。Aさんはこんなふうに答えました。

「はい、そのように見える部分もあるかもしれません。学生時代や前職は、積極的にどんどん意見を言う人が非常に多くいる環境でした。その中で私はみんなの橋渡し役として自分の考えをしっかり伝えながら、同時に相手の意見もよく聴き、チームをまとめることを心がけておりましたので、意見が違う人とも上手くやっていく経験を積めたと思っています。」

言っていることは要するに「大丈夫です。上手くやっていけます。」という内容なのですが、そこにきちんとなぜ大丈夫だと言えるのか、根拠をプラスしている点がポイントです。また、「気が強い=自分の考えをしっかり伝える」と、マイナス的な言葉からプラス面がイメージされる言葉に言い換えている点も工夫しています。皆さんもぜひ取り入れてみてください。

「突っ込み」にも落ち着いて説明を伝えよう

「本当に?なんか、すごく強い言い方で説得したりするんじゃないの?」とAさんはさらに突っ込まれました。こんな時も落ち着いて対応しましょう。面接官の意図は「こんなふうに厳しい意見を言われた時にも冷静にしっかり対応してくれるかが知りたい」ということです。ですから、Aさんはこのように答えました。

「大学に入ったばかりの頃は、確かに上手く説明できないこともありました。ただ、いろんな考えの人や感情的になる人などとも多く接していくうちに、どのように伝えたら他の人が納得してくれるのかがわかってくるようになりました。前職の先輩から『取引先から反論されても随分粘り強く説明できているね』と評価されたこともあります。」

その結果、Aさんは見事面接に合格することができました。

ここで大切なことは、相手の思っている意見や主張を真向から否定しないことです。「そのような点もあるかもしれません」と一旦受け止めてもよいのです。ただし、そこで終わらずに自分の伝えたいことをきちんと説明しましょう。

練習をしよう

いかがでしたか?このような対応力を向上させるには、「自分の意見」プラス「根拠の説明」を伝える練習をすることが一番です。ぜひ次のような質問例を参考に、びっくりするような質問への答えを口に出して言う練習を、何問もしてみてください。

・あなたは職場で嫌いな人がいたら、どのように対応しますか?

・(営業職の面接で)弊社の〇〇の商品について、今私にお勧めしてみてもらえますか?

・あなたを色に例えると何色ですか?

・初めて日本に来た外国人の人に勧めるとしたら、どこの場所に行くことをお勧めしますか?

・あなたが苦手な仕事は、どのような仕事ですか?

・本当は未経験の仕事は不安なんじゃないですか?

・あなたを漢字一文字で表すとしたら、どんな文字になりますか?

覚える必要は全くありません。皆さんが自分自身でどのように考えているのか、説明をすることが大切なのです。

渡部 幸
渡部 幸

キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、全米NLP協会認定トレーナー、コーチ。アクトクリア代表。青山学院大学卒業後、営業統括、アパレル業人事マネージャーなどを経て独立。就職・転職相談、企業内での相談、企業研修、キャリアデザイン、コミュニケーション力などのセミナーで支援した人はのべ45,000人にのぼる。自身の転職や離婚、不妊治療などの経験も糧に、心理学等のスキルを活用し、モチベーションを保ちながらやりたい仕事を達成する支援力が強み。著書『1週間で面接に自信がつく本(ナツメ社)』『採用側の本音を知れば就職面接は9割成功する(KADOKAWA)』他。

ご自身のキャリアに悩んだら、
「プロのキャリアアドバイザー」に
ご相談ください(サービスはすべて無料)。

キャリタス転職エージェント会員登録(登録無料)