catch-img

面接合格率を格段に上げる方法


今回は、面接であなたの合格率を格段に上げる方法についてお伝えします。

転職活動でこんな経験はありませんか?

面接で手ごたえはあったのに何故か不合格。
会話も弾んだし、志望理由もしっかりと伝えることができた。
転職理由も納得してもらえたし、共感を得られた実感がある。
なのに、なぜか不合格……。

第二新卒世代の皆さんが面接を受ける際に見落としがちなポイントがあるのです。このポイントを押さえて整理すると、あなたの面接合格率が格段に上がるだけでなく、今自分がどういう行動を起こすべきなのかに気づくきっかけにもできます。


1.Want だけでなく Can

第二新卒世代の皆さんは転職活動で面接を受ける際、「やりたいこと」ばかりに焦点を当てて話をしていませんか?

もちろん、やりたいことを面接で伝えることは悪いことでありません。
自分の軸をしっかりと持っているということですし、会社側も知りたいポイントの一つでもあります。

一方で、「やりたい(Want)」と「できる(Can)」は全く別の話です。
どんなに、応募職種や会社について理解を深めていても、その仕事をお任せして成果を出せる、つまり「できる(can)」ということを会社側に納得してもらわなければ、採用には至りません。


2.Canを伝えるスキルアナライズ

経験がある職種への応募であれば、その経験を説明することで、「できる(Can)」を伝えることはできるでしょう。

では、未経験の職種への応募で「できる(Can)」を伝えるにはどうしたらよいでしょうか。
結論から言うと「経験ではなく能力(スキル)を伝える」ことです。

一般に言う「キャリアの棚卸」とは経験を時系列に整理することです。
あなたの履歴書や職務経歴書にはこの棚卸された経験が記載されているのではないでしょうか。

経験を時系列で整理する「キャリアの棚卸」をここではキャリアアナライズと呼びます。
それに対して、経験した仕事で要求された能力(スキル)を整理することをスキルアナライズと呼びます。
※「キャリアアナライズ」「スキルアナライズ」は便宜上私が付けた造語です。


スキルアナライズの役に立つところは、面接官の期待値を上げることができることです。未経験職種との接点を見つけ出し「私はこういった能力があるので、この仕事をやれます」とか、「こういった私の能力がこの仕事をやるにあたって役に立つと思います」と伝えることで、面接官に入社後の活躍を期待させる確率が上がります。


3.スキルアナライズはどうやってやればよいか

では、スキルアナライズを行う具体的な方法についてお伝えします。

 1.職務経歴書を作成する。


 2.時系列に整理された経験や成果の隣に「その時求められていた、または自然と好んで使っていた能力は何か」を書き出してみる。


 3.書き出したものに重複する能力がないか確認する。


 4.重複する数が多い順に能力を並べ替える。


 5.重複するものがない場合、好きな順番に能力を並べ替える。

この並べ替えた能力のトップ3が、仕事で発揮してきたあなたの能力・強みです。

例えば、新卒で経理に配属された方で、決められた期限内に大量のデータを整理してレポートを作成しなければならなかったとしたら、その時求められた能力は「正確性」「規律性」「計画性」かもしれません。


経験として表現すれば「経理業務」とか「月次決算」ということになるのですが、決められた手順に従って、正確なデータを期限内に仕上げることが求めらるわけですから、求められたスキルとして表現すれば「正確性」「規律性」「計画性」となるわけです。


4.あなたの強みをやりたい仕事とつなぎ合わせる

あなたの強みである能力(スキル)を整理出来たら、応募職種の求める能力との接点を検討します。


ズバリ求人票に記載されていることもあるでしょう。面接の中で仕事について説明される中で接点を見出すこともあるかもしれません。

できれば、事前に応募職種の内容を調べて、この仕事で成果を出すために必要とされる能力は何なのかを整理して、自分の能力との接点を見つけておきましょう。

そして、面接で志望理由に回答するときには、志望する理由と合わせて「私はこういった能力があるので、この仕事をやれます」とか「こういった私の能力がこの仕事をやるにあたって役に立つと思います」というように「やりたい(Want)」と「できる(Can)」をセットにして伝えましょう。


5.接点となるスキルが見つけられなければ……。

時には、自分の強みとなる能力(スキル)と希望する職種との接点が見いだせない時もあるかもしれません。

そんなときには「やりたいことをやるために、今自分が取り組んでいること」を伝えてください。
未経験からエンジニアになるために、自分でスクールに通って学んでいるとか、経験はないけどマーケティングの仕事に転職したいので休日は関連する本を読んで、プライベートで書いているブログの読者を増やす集客で試していますとか、キャリアアドバイザーになりたいので心理学やカウンセリングについてセミナーに参加しているとか、「やれるようになる取り組み」を伝えることで、面接官の心をつかむことができる確率が高まります。


6.まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は面接であなたの合格率を格段に上げる方法についてお伝えしました。

ポイントは
1.Want だけでなく Can
「やりたい(Want)」だけでなく「できる(can)」ということを会社側に納得してもらうことが面接合格率を高めるポイントです。

2.スキルアナライズ
自分の強みとなる能力(スキル)を整理しましょう。

3.能力(スキル)とやりたい仕事をつなぎ合わせる。
面接では「やりたい」だけでなく「できる」ということをセットで伝えましょう。

4.能力(スキル)と希望する職種との間に接点が見いだせないときは……。
「やりたいことをやるために、今自分が取り組んでいること」を伝えましょう。

スキルアナライズについては自分一人でやるのが難しいと思ったら、転職エージェントに相談するのも良いでしょう。

会社は「やりたい」という熱意だけでなく、実際に「やることができるか」という視点をもって面接をしています。


「私はそれをやることができます」と伝えることが、あなたの面接合格率を格段に上げることにつながるということを意識して実践してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

綿井 伸
綿井 伸

株式会社ディスコ 取締役 キャリタスエージェント 事業部 事業部長 ■■採用ソリューション営業、商品企画、営業推進室を経て、1998年に人材紹介事業を立ち上げ。社長室長、グローバル事業責任者、営業統括本部長、管理本部長を経て2017年1月より取締役就任。全米NLP協会公認 NLP トレーナー、LABプロファイル® トレーナー■■

ご自身のキャリアに悩んだら、
「プロのキャリアアドバイザー」に
ご相談ください(サービスはすべて無料)。

キャリタス転職エージェント会員登録(登録無料)