想定外のトラブルで転職面接を遅刻・日程変更する場合の望ましい対処法

電車の遅延で面接に遅れてしまう、1社目の面接が長引き次の面接に間に合わない…など、「想定外」の事態が起こることがあります。そのようなときにどう対処するのが望ましいのかについて、代表的な面接トラブル例をご紹介しながらまとめます。


面接に遅刻してしまう

寝坊して遅れてしまう…といった自分自身のミスであれば論外ですが、交通機関の遅延などで間に合わなくなってしまうことはあり得ることです。「ああ、どうしよう」と焦ってうろたえがちですが、第一にすべきことは「採用担当者に電話をすること」です。なぜ遅れるのか、到着予定時間はどのくらいになりそうかについて伝え謝罪するようにしましょう。数分の遅れで済みそうだから急いでいけば大丈夫だろう、などと考えるのはNGです。遅刻する時間によっては、面接官の次の予定に影響する可能性もありますので、遅刻が判明した段階で速やかに連絡を入れ、指示を受けることが社会人としてのマナーです。


現職の仕事が長引き、面接に行かれなくなった

現職にとどまりながら転職活動をしている方の中には、業務終了後に面接の予定を入れていたが、現職の仕事が長引いてしまい面接に行かれなくなってしまうということもあるかもしれません。この場合も、必ず面接開始時間前に採用担当者に電話連絡を入れるようにしましょう。予期しなかった現職でのトラブルでどうしても抜けられないなど、事情を説明してお詫びし、諦めずに面接日時の変更をお願いしてください。もちろん、すべての企業が面接日時の変更に応じてくれるとは限りませんが、配慮してくれる企業もありますので誠意をつくしましょう。


1日に2社の面接をセッティングしたが、1社目の面接が長引いている

1社目の面接が長引き、2社目の面接開始に間に合いそうもないというケースもあり得ます。この場合、2社目が本命でないなら諦めることも考えられますが、本命企業の場合は困りますね。どうしても2社目の面接を受けたいのであれば、「半休をとって御社の面接を受けさせていただきましたが、そろそろ仕事に戻る時間になりまして」など、現職での仕事を理由に1社目の面接を切り上げてもらえるようにお願いするのも一つの方法です。もちろん、1社目の面接官の心証を悪化するリスクはありますので、そのリスクを背負ってもなお2社目のほうが本命度が高い場合になるでしょう。


想定外のトラブルを未然に防ぐために

いずれにせよ、ここまでご紹介したトラブルは起こらないに越したことはありません。交通機関の遅延に関しても、起こりうることを前提にかなり余裕を持って行動するようにしたいものです。また、初めて行く企業であれば、あらかじめ経路や最寄駅からの所要時間などを念入りに確認しておきましょう。地図では近いように見えたところが、実際に降りてみたら様子が異なって迷ってしまうということもあり得ます。

現職での仕事の関係で面接に遅れたり日程変更をしなくてはいけないような状況は、本来先方に失礼であり、「現職の仕事を優先した」ということで採用担当者の心証が悪くなることもあります。もちろんその後の対処法次第で挽回できる可能性はありますが、圧倒的に不利になると考えてください。1日に複数社の面接を入れざるを得ないケースでは志望度が高い企業の面接を先にするように調整する、有給休暇を使うなどしてトラブルを回避することも考えましょう。

浅賀 桃子
浅賀 桃子

慶應義塾大学卒業後、ITコンサルティング会社人事などを経てカウンセラーとして独立。2014年ベリテワークス株式会社として法人化。ビジネスパーソンのメンタル不調者やキャリアチェンジに悩む方のケアを中心に、カウンセリング実績5,000名超。予防カウンセリングに強みを持ち、ストレス・メンタルヘルス・キャリアデザインなどのセミナー多数開催。CDA登録キャリア・コンサルタント、メンタルヘルス・マネジメント検定I種、ストレスマネジメントファシリテーターなどの資格を持つ。

ご自身のキャリアに悩んだら、
「プロのキャリアアドバイザー」に
ご相談ください(サービスはすべて無料)。

キャリタス転職エージェント会員登録(登録無料)