すぐ使える!面接で短所を聞かれたときのポイント3つ

面接で定番の質問の一つに「あなたの短所は何ですか?」というものがあります。
今回は、この質問の意図と答え方の効果的な方法についてお伝えします。


質問の意図

この質問の意図は二つあります。

一つ目は、面接担当者が応募者の本当の姿を理解するためです。自己PRでは自分の良いところをアピールするわけですが、人によっては必要以上に話を大きくして伝えてしまうことがあり、面接をする側としては本当のその人の姿を知るために、弱みや短所についてお聞きしたいと考えるわけです。

二つ目は、応募者が自分自身を客観的に理解しているかどうかを、面接担当者が知るためです。自己理解が出来ているかどうか、自己理解をしたうえで自分の短所を改善するためにどのように取り組んでいるかを知ることで、応募者の自己成長力や柔軟性を判断しているのです。


回答のポイント

「あなたの短所は何ですか?」という質問に対しての回答のポイントは3つです。


1.短所は一つだけ答える

2.失敗例をあげ、そこから学んだ内容を答える

3.短所が役に立つ状況を考えて答える


では、順番に解説します。


1.短所は一つだけ答える

ご自身が自覚している短所が複数あったとしても、それらを全て答える必要はありません。

短所が原因となった失敗例で、そこから学びにつながったものを一つだけ挙げるようにしましょう。

また、致命的なマイナスの印象を与えるような短所を上げる必要もありません。

「私はすぐに嘘をついてその場を誤魔化してしまうんです」とか「物事を最後までやりきらないで途中で放り出してしまいがちです」といった短所は、仕事での大きなトラブルをイメージさせてしまいます。

具体的な回答内容としては次のようなものがあります。

・考えるよりも先に行動してしまいがちです。

・慎重に物事を考える傾向があります。

・周囲の意見に影響を受けやすいようです。

・自分の意思を通そうとする気持ちが強すぎるところがあります。


これからを次の「失敗例をあげ、そこから学んだ内容を答える」で具体的なエピソードとしてわかりやすく伝えていきます。


2.失敗例をあげ、そこから学んだ内容を答える

1で上げた短所が原因となった具体的なエピソードを挙げて、面接担当者にわかりやすく伝えていきます。ポイントはエピソードを挙げるだけでなく、そのエピソードから学んだ内容を付け加えることです。


「(短所をひとつ挙げる)私は、考えるよりも先に行動してしまいがちなところがあると自覚しています。

(失敗例)先日も現職の会社で新商品に関する説明会があったのですが、正式な企画書がリリースされる前にお客様にご案内してしまい、具体的な金額についてのお見積りを求められた段階で、金額がリリースされていないことに気づきました。後日リリースされた企画書に基づいてお見積りをご提出したのですが、結果的にお客様を大変お待たせしてしまいました。

(学んだこと)無用なトラブルを避け仕事の質を高めるためには、行動を起こす前に一呼吸おいて考えることを心掛ける必要があると思っています」


このように答えることによって、単純に短所について答えるよりも、具体的でわかりやすく、短所について改善しようとする姿勢が伝わるようになります。


3.短所が役に立つ状況を考えて答える

最後にお伝えするのは、短所が役に立つ状況を伝えるということです。

先に挙げた「考えるよりも先に行動してしまう」という短所が、他のどのような状況であれば役に立つかを考えるというもので、心理学ではこれをリフレーミングといいます。

「考えるより先に行動をしてしまう」という短所も、素早い決断が求められる場面や、まずは行動を起こす必要があるような場面では役に立ちます。

先の例に当てはめてみると


「(短所をひとつ挙げる)私は、考えるよりも先に行動してしまいがちなところがあると自覚しています。

(失敗例)先日も現職の会社で新商品に関する説明会があったのですが、正式な企画書がリリースされる前にお客様にご案内してしまい、具体的な金額についてのお見積りを求められた段階で、金額がリリースされていないことに気づきました。

後日リリースされた企画書に基づいて、お見積りをご提出したのですが、結果的にお客様を大変お待たせしてしまいました。

(役に立つ状況)その場で判断を求められる緊急時や、十分な情報がない中、まずはやってみて動きながら検証していこうという時には、スピード感があるといっていただけますが、

(学んだこと)無用なトラブルを避け仕事の質を高めるために、行動を起こす前に一呼吸おいて考えることを心掛けるようにしています。」


いかがでしょうか。

単純に短所をあげて答えるのに対して、具体性があり改善する姿勢が伝わり、短所が活きる状況もあることがわかります。


この記事のポイント(おさらい)

今回は「あなたの短所は何ですか?」という質問の意図と答え方についてご紹介しました。

ポイントは3つでしたね。


1.短所は一つだけ答える

2.失敗例をあげ、そこから学んだ内容を答える

3.短所が役に立つ状況を考えて答える


是非試してみてください。

綿井 伸
綿井 伸

株式会社ディスコ 取締役 キャリタスエージェント 事業部 事業部長 ■■採用ソリューション営業、商品企画、営業推進室を経て、1998年に人材紹介事業を立ち上げ。社長室長、グローバル事業責任者、営業統括本部長、管理本部長を経て2017年1月より取締役就任。全米NLP協会公認 NLP トレーナー、LABプロファイル® トレーナー■■

ご自身のキャリアに悩んだら、
「プロのキャリアアドバイザー」に
ご相談ください(サービスはすべて無料)。

キャリタス転職エージェント会員登録(登録無料)