面接対策

面接は誰もが緊張するもの。企業側にとっても、最も重要な選考のプロセスとして、求職者の人間性を見極めようとしています。限られた時間の中で、どれだけ自分の魅力を伝えアピールすることが出来るのか、ここではそのポイントを絞って紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.面接前
    1. 1.1.【自己分析】
    2. 1.2.【企業・稼業研究】
  2. 2.面接当日
    1. 2.1.入室の前に
    2. 2.2.面接の流れ
  3. 3.面接が終わったら

面接前

面接前にやっておかねばならないのは以下の2点!!

①自己分析
②企業・仕事研究

この二つを徹底的にやっておくかどうかで、面接の結果は大きく異なります。

【自己分析】

・退職理由をまとめる

転職理由、退職理由を採用担当者が聞くのは、転職の動機となった事柄を把握し候補者の転職目的を明らかにすることが目的です。候補者の転職目的を達成できる条件や環境を自社が提供出来るかどうかを判断できれば、同じ理由で退職してしまうリスクを回避できます。嘘をつく必要はありませんが、前向きに今回の転職で何を実現しようとしているのか、どんなキャリアプランを描いていてどうスキルアップしていきたいのかを整理しておきましょう。

・経験、経歴をまとめる

自分がこれまで何をしてきたのか、そしてもし入社したら何が出来るのかをまとめましょう。これまでの経歴や経験を整理することで自分の強みが見えてきます。その上で、今後新しいステージでどのような活躍をすることが出来るのか目標を立てておきましょう。

・志望動機をまとめる

面接担当者は、なぜ他の会社ではなく自社を志望したのかを知りたいと考えています。事業内容や仕事内容を理解したうえで、共感を持って応募したことをアピールできるように準備しましょう。志望動機をまとめる際には「なぜ応募を希望するのか」ということだけではなく、「自分はどのように貢献できるのか」というポイントをあわせてアピールできるようにまとめておきましょう。

・今後の展望

将来自分が「どんな分野で」「どういったキャリアを形成していきたいのか」が整理できていれば、「なりたい自分になる」ためにどのような業界でどのような経験を積んでいけば良いのかが自然と見えてきます。面接時に聞かれる「自分自身の将来展望」への対策は、まず「なりたい自分」を明らかにすることから始まります。

【企業・稼業研究】

面接前に企業のホームページや会社案内を見ておくことは必須です。もしホームページの無い企業であれば、その業界の研究をしっかりしておきましょう。事業内容を理解した上で、なぜこの企業に応募したのかを絡め説明できるようにしておきましょう。

・応募職種への理解は充分か

「なんとなく面白そうだから話を聞いてみたい。」こんなスタンスで面接に臨めばほぼ間違いなく無残な結果が待っています。面接官は「事前に仕事内容についてはある程度の理解をしているはず。」という意識で選考を行います。募集内容をよく確認し仕事内容への理解を自分なりに深めたうえで面接に臨んでください。

・競合他社については調べたか

志望動機の項目でも触れましたが、面接官は「なぜ当社を志望するのか」というポイントを意識して質問をしてきます。スキルや経験だけでなく自社への志望度の高さを評価の一つと考えているからです。競合他社と応募先企業の違いを事前に理解して志望理由に組み込むことが出来れば、他の候補者にグンと差を付けることが出来るはずです。

・質問を用意する

「頑張りますので是非よろしくお願いします!」「是非入社させていただきたいと思います!!」というストレートなアピールも良いですが、事前に質問を用意しておくことはその何倍もの入社意欲の強さをアピールします。相手に関心があれば色々と聞いてみたいことがあるのは当たり前です。質問された面接官にとっても候補者の意欲の強さが印象に残ります。「なにか質問はありますか?」と聞かれて「特にありません」ということが無いように、せっかくのアピールチャンスを逃さないように準備しましょう。

・当日慌てないために

面接当日になって「場所がわからない」「誰宛に訪問すればよかったのか」など慌てないために下記の3点は改めて確認しましょう。

  • 面接開始時間
  • 企業の所在地、交通手段、所要時間の確認
  • 持ち物リストの作成
  • 当日の訪問先担当者名、連絡先電話番号


面接当日

入室の前に

当日は開始時間の5分前までに会場に到着するようにしましょう。遅刻は論外ですが、あまり早すぎてもご迷惑になることもあります。
また会場に入る前に、スーツにシミ・シワが無いか、ひげ・爪のお手入れはされているか、化粧は濃すぎないか、香水はつけすぎていないか、靴は磨かれているか事前にチェックしましょう。面接での第一印象は重要です。

面接の流れ

多くの企業が採用活動を行っていますが、面接の流れや必ず聞かれる項目は決まっています。ここでは一般的な流れを紹介します。面接ではやはりどうしても緊張してしまうものですが、面接の場は相互理解の場でもあります。上手に話す必要は全くありません。お互いの理解を深めるコミュニケーションの場に行くのだといった気持ちで臨んでください。

①入室

先に入室して待っている場合、面接官が入室したら立ち上がって挨拶し、勧められてから椅子に掛けます。面接官が先に入室している場合は、ドアをノックした後返事があってから入室します。後ろ手でドアを閉めるようなことはせず、振り返って静かにドアを閉めます。いずれの場合も相手の目を見て明るく挨拶をしましょう。椅子には勧められてから掛けます。

②自己紹介(経験、経歴)

面接官がすでに職務経歴書に目を通していることを考えると、あまり長くならず簡潔に述べるのがよいでしょう。これまでどんな業務に携わり、何を得てきたのか、どんな実績を上げたのかを具体的に述べます。

③退職理由

ネガティブな理由は避け、今回の転職で何を実現したいのか、志望動機に結びつけステップアップを図った前向きな転職であることが伝わるように理由を述べます。

④志望動機

企業研究を行い理解を深めた上で、具体的にどのような魅力を感じたのか、自分のこれまでの経験をベースに、この企業では何を活かせると感じたのか。また自分のキャリアプランの中でこの会社がどのようにかかわってくるのかを述べましょう。

⑤条件確認、質問

何も質問が無いと、熱意の感じられない応募者だと感じられます。逆に福利厚生や残業の有無、研修制度などについての質問ばかりしていると、業務そのものに対しての熱意が感じられません。企業研究を行っている段階でいくつか質問を用意しておくとよいでしょう。

⑥退出

面接が終了したら椅子の脇に立ってお礼を述べ、ドアを開ける前に一度振り返って一礼をしましょう。入るときと同じようにドアは静かに閉めます。


面接が終わったら

・質問内容、回答を振り返り確認しましょう。何が答えられなかったのか振り返ることで次回の面接に活かすことが出来ます。
・お時間をいただいた採用担当者の方にお礼のメールを出すのもよいでしょう。ただし、お礼のメールは遅くとも面接翌日に送るようにし、何日も経ってから出すようなことが無いように心がけましょう。メールは冒頭で自分の名前を名乗り面接を受けたものであることを明らかにし、署名も忘れずに付けて送りましょう。

ご自身のキャリアに悩んだら、
「プロのキャリアアドバイザー」に
ご相談ください(サービスはすべて無料)。

キャリタス転職エージェント会員登録(登録無料)