意外と知らない!? 履歴書の書き方

選考の第一のステップが書類選考です。特に応募者が殺到する求人の場合、履歴書だけで判断し、職務経歴書まで目を通されないこともあるようです。たかが履歴書と侮ってはいけません。中途採用の場合、新卒採用ほど学歴が重視されるわけではなく、どれだけ自分という人間性を表現できるのか、そしていかに勝てる履歴書を書くのかが転職活動を勝ち抜く第一歩です。

ここでは様々な職種に規制されない、一般的な履歴書の書き方を紹介します。

1.日付 

持参日、もしくはポストへの投函日を記載します。

2.ふりがな

「ふりがな」と記載されている場合はひらがな、「フリガナ」と記載されている場合はカタカナで記載します。

3.印鑑 

現在は捺印欄の無い履歴書が主流になっているために押し忘れる人も多いようですが、捺印する必要のあるのものには丁寧に押しましょう(スタンプ式はNG)。

4.住所

必ず県名から、アパート・マンション名などは省略せずに記載します。

5.連絡 

自宅の番号以外にも、携帯の番号も記載しておきましょう。携帯番号を記載する場所が無いものには緊急連絡先の欄などに記載します。

6.写真

3ヶ月以内に撮影した写真で、正面・脱帽・上半身のものを使用します。前髪が目にかからないようにし、明るい表情で撮影したものを使いましょう。スーツなどビジネスシーンに相応しい服装で、男性の場合はネクタイ着用が好ましいです。

7.学歴

一般的には、中学校以降の入学年度と卒業年度を両方を記入するという形のものになります。 学歴が書ききれなくなるのであれば、最終学歴以外の学歴を省略しても構いません。学校名などは省略せず、正式名称を記載します。ブランク期間がある場合にはどこかに補足を加えましょう。また中退などがあった場合も理由を記載します。

8.職歴

(株)(有)などと省略せず、株式会社、有限会社と正式名称で記載します。退職理由は「一身上の都合により退職」でかまいません。どんな職場でどんな仕事をしてきたのか程度の必要最低限な情報を記載するとよりわかりやすい書類になります。

9.賞罰

特に該当事項が無ければ無しでかまいません。オリンピックや国民栄誉賞レベルの受賞があった場合のみ記載します。

10.資格

応募する会社の業務に直接関連が無くとも、免許や資格はすべて記載しましょう。ただし「英検3級」や「珠算3級」などを書いてもあまり意味が無い場合もありますので、あくまで常識の範囲内にとどめます。その他資格取得に向けて勉強中のものがある場合にはそれも記載します。資格名はすべて正式名称で記載します。

11.趣味・特技

単に「映画鑑賞」だけではなくどの分野の作品をどのぐらいのペースで観るかなど詳しく書くと良いでしょう。ギャンブルやあまり砕けすぎた表現は避けるようにしてください。

12.志望動機

抽象的な表現は避け、前向きに会社や仕事との接点を意識し、なぜその会社を志望したのか、なぜその仕事がしたいのか、なにをその会社でしたいのかをアピールします。自分自身の強みも絡めて書くとより説得力が増します。

13.本人希望欄

応募したい職種や勤務地などを記載します。どうしても譲れない条件のみを記載しましょう。軽い気持ちでの希望ではなく、労働契約を結ぶ際にここが折り合わなくては、入社辞退しますという意向を先に提示するつもりで記載しましょう。

14.通勤時間

家から会社に着くまでの所要時間を記載します。待ち時間や乗換えを含まない最短時間を記入します。


注意点

  • 手書きの場合、黒のボールペンを用いて記入します
  • 書き誤っても修正液は使わずに書き直しましょう
  • 年号の記載は統一しましょう(元号、もしくは西暦)
  • 3ヶ月程度の短い職歴も記載します。
  • 同じペンで書きましょう。インクの濃淡でまとめ書きがわかります。

ご自身のキャリアに悩んだら、
「プロのキャリアアドバイザー」に
ご相談ください(サービスはすべて無料)。

キャリタス転職エージェント会員登録(登録無料)