人事が思わず会いたくなる職務経歴書の書き方


目次[非表示]

  1. 1.職務経歴書を書く前に
  2. 2.職務経歴書とは
  3. 3.基本書式
  4. 4.営業
  5. 5.事務職
  6. 6.技術者
  7. 7.キャリアの浅い人

現在中途採用を行っている企業のほとんどは履歴書の他に職務経歴書の提出を求めてきます。履歴書と違って書式に指定が無く自由であるために、他の応募者に差をつけやすいのが職務経歴書です。書類選考は実質的な第一選考。これまで培ってきた経験やスキルをわかりやすくまとめ、人事担当が是非あってみたい人物であると思われる職務経歴書の書き方を紹介します。


職務経歴書を書く前に

職務経歴書を書き始める前に、記入する内容を整理しましょう。自分自身のこれまでの経験(どんな仕事をし、何を学び、どんな工夫をしたのか)を、どんなに小さなことでも構いません。思いつく限りに書き出してみると良いでしょう。すると自分自身の強みも見えてくるはずです。


職務経歴書とは

職務経歴書とは自分を売り込むための書類です。自分がこれまで培ってきた経験やスキルを記載するだけではなく、「自分にはこんな事が出来る。」といった自己PRの書類であり、良くも悪くもその書き方は人間性も表わします。サンプルのコピーと同じでは熱意も個性も感じられず、印象に残らずに終わってしまいます。最もアピールしたいポイントを絞るなど、書き方にメリハリをつけるだけで自分らしさが表現できるでしょう。


基本書式

① 職務経歴書の基本書式はA4用紙で縦書きが一般的なルールです。


② まず「職務経歴書」とタイトルを記入し、提出する日付と氏名をその下の行の右端に書き込みます。


③ 職務経歴書の枚数は3ページ程度まで。

経験や実績をアピールしようとするあまり、いたずらに長い書類を良く見ます。職務経歴書は面接同様、選考者が書類を見た瞬間の印象も大切です。一見してポイントが分かるように、簡潔に要点をまとめて「この人の書類はじっくり読もう」「この人に会ってみよう」と思ってもらえるように工夫しましょう。


④ 項目ごとにまとめて書く。

「職務要約」「職務経験」「保有資格・スキル」「自己PR」程度にまとめます。


⑤ 社内用語は用いず、一般的な用語を使用する。


⑥ 形式について。

形式には大きく分けて「編年体式」と「キャリア式」があります。「編年体式」は最も一般的な書き方で時系列で自分の経験・技巧をまとめ、「キャリア式」は勤務先や時間に捉われずに分野や業務内容ごとにまとめて書く書き方で、技術職やエンジニア、また特定の業務をアピールしたい応募者に向いている書式です。

【編年体式】

異動や昇格、資格取得や表彰など状況に変化が生じたときにまとめて記載します。

編年体式職務経歴書 見本


【キャリア式】

技術分野別、キャリア別に記載します。人事担当者が応募者がどんな分野に高い経験とスキルを持っているのかがわかりやすいといったメリットがあります。

キャリア式職務経歴書 見本

使用言語なども細かく記載して構いませんが、どこまで専門用語を用いるかといった点や、現在の職場においてのみ通用するような言葉の使用には注意しなければなりません。自分にしか解らないような書類を提出しているようでは、コミュニケーション能力が疑われてしまいます。


⑦ 自己PR文

自己PR文は、募集職種や企業に対応した志望の動機や、その仕事で実現したいこと、仕事にかける意欲を自分自身の強みに絡めて記載しましょう。なぜこの企業のこの仕事がしたいのかがイメージできる文章が理想的です。ただしあくまで職務経歴書は職務の経験を掲載するものですから、あまり長過ぎないように多くても200~300文字程度が適当です。


営業

担当クライアントや扱っている商材や売り上げ実績。また、営業方針や企画提案の仕方、その中で創意工夫したことなどを記載します。


事務職

会社の規模や部署、部下の人数など会社の規模がわかるように記載します。こまかな業務(契約書の作成数等)まで記載し、その中で自分が創意工夫した点などもアピールしましょう。


技術者

使用言語、プロジェクトの規模・担当領域、その中で果たした役割を詳細に記載します。出来るだけ具体的な職務内容を記載しましょう。


キャリアの浅い人

自己PR文をプラスし熱意が伝わる文章にします。現職の会社概要を加え仕事のイメージが膨らむようにし、新人研修によって何を学び何を得たのかを記載しましょう。



個別カウンセリングを受けられる方には、担当のキャリアアドバイザーが客観的にあなたのスキルを判断し、分析・アドバイスさせていただきます。


ご自身のキャリアに悩んだら、
「プロのキャリアアドバイザー」に
ご相談ください(サービスはすべて無料)。

キャリタス転職エージェント会員登録(登録無料)