catch-img

転職に成功したいなら「転職理由」を見直そう

面接の際に必ずと言ってよいほど聞かれる「転職理由」。

転職理由は採用側の関心ごとだけでなく、転職活動を行う皆さんにとってもとても大切なチェックポイントです。転職理由は皆さんの転職を成功させるスタート地点であり、立ち返る場所でもあります。何気なく考えて回答している方も多い「転職理由」について今回はお話しします。


あなたは「なぜ」転職するのか?

そもそもなぜ転職をする必要があるのでしょうか?
「いまさら何言ってんだ?」と思う方もいるかもしれません。

でも、多くの転職希望者に人材紹介会社のコンサルタントとしてお会いしていると、ここがブレている方が多いことに驚きます。

転職活動とは人生におけるソリューション(問題解決)のひとつです。
現在の環境で解決することが困難な問題・課題・希望などを、職場を変えることによって解決・実現を目指すことが転職の本質です。

何を解決したいのか、あいまいなまま活動をしても、決め手に欠け、せっかく次の会社を決めたとしても、実際に働いてみると満たされず、再び会社を変わりたいと考えるようになるでしょう。

ですので、何を解決したいのかということを、自分自身ではっきりとしておくことが転職活動を成功に結び付けるうえで、大切なスタートであり、活動中に迷った時に立ち返るところだということができます。

面接で採用側が注意を払うポイントとは?

採用する企業が選考において最も注意を払うポイントのひとつは゛ミスマッチ“の有無です。

ミスマッチを意識するポイントは、スキルや経験内容、候補者の価値観などいくつかありますが、候補者が今回の転職で叶えたいと考えている事柄を実現できる条件や環境を自社が提供出来るかどうか、という点に採用側は細心の注意を払います。選考面接で必ず聞かれる質問の一つに「転職理由」が挙げられるのは、この「叶えたい希望」を採用側が把握し、ミスマッチを防ぐことを目的としているからです。

ですので、受ける会社ごとに転職理由を変える必要はありません。
本当に解決したい転職理由を偽っても、結局は満足のいく転職は実現できないからです。
あなたの「叶えたい希望」を相手に伝わる言葉でわかりやすく伝え、判断を仰ぐことは入社後の満足度に大きな影響を与えます。


転職理由を見直す

転職活動で失敗しないために、入社後に生き生きと働いていくために、まず始めなくてはならないことは、転職理由を見直し、整理することです。

なぜ転職したいのか、何が一番の問題なのか、転職によって何を実現したいのか、といった点を見つめ直おし、転職の目的を明確にすることから始めましょう。


転職理由はポイントを絞る

転職理由を見つめ直すといっても、多くの場合、転職理由は複数の要因から構成されているため、なかなか困難なものです。そこで、大きく「職種要因」「年収要因」「環境要因」といった3つの要因から最も重要なポイントを一つに絞ることをお薦めします。

転職要因


「これが叶えば自分の転職は成功」というポイントを絞るわけです。

転職活動のなかで判断に迷ったとき、目的を見失いそうになったときには、このポイントに立ち返り転職の目的を思い出してください。


転職理由を整理する際の3つのポイント

 Point1 
・面接で答える転職理由は選考者が聞いて合理的なものか?

転職理由は人それぞれです。もちろんそれぞれが自分自身にとっては正当性があり合理的な内容と考えているでしょう。しかし、転職には応募先企業という“相手”があることを忘れてはいけません。20代で年収500万円の方が「年収が低くて生活ができない」といっても、一部の業界を除けば、ほとんどの場合「???」といった反応が返ってくるでしょう。たとえ、現在の仕事の質や成果と年収500万円が釣り合っていない状態だとしても、「年収が低い」という理由は理解されないはずです。この場合、「成果に見合う評価や報酬を手に入れることができる環境で仕事をしたい」といった表現が好ましいでしょう。面接の場で転職理由について話すときには、“相手”にとって正当性・合理性があり、現実逃避や一人よがりだと受け取られないように、いま一度転職理由を見直しましょう。

 Point2 
・現在の会社で解決できるものになってはいないか?

現在の職場で問題解決の努力はしましたか?
冷静になって現状を見つめ直し、上司や周囲に相談すれば解決できるものも多いはずです。現職者の場合、転職そのものを見直し、現職に留まることが解決策として最善の方法である可能性もあります。
現在の職場で解決する過程を経てもなお、解決の見通しが立たなかったというストーリーは、聞き手に対して納得感を高めます。問題や課題に突き当たったとき、発作的に逃げ出すのではなく、解決するための行動をとれる人であるという印象も与えます。


 Point3 
・自分を過大評価・過小評価したものになってはいないか?

「これだけの実績をあげているのに評価が低い」「年収が安い」など、仕事の実績を必要以上に過大評価したものになってはいませんか?

上司や周囲の理解・協力があって成し得た部分はありませんか?
逆に「自分には大手は無理」など必要以上の過小評価をしていませんか?


客観的に自己評価を行うこととが転職活動で失敗しないはじめの一歩です。


まとめ

転職理由を整理しなおすということは、単に面接のためのテクニックにとどまらず、転職という人生の問題可決を成功させるために大切なことだということがお分かりいただけたでしょうか。

1.何を満たせれば、あるいは、何が解決すれば、この転職は成功したといえるのだろう。

2.転職理由を、聞き手にとって納得感のある合理的な表現にして、ミスマッチを防ごう。

この2点を意識して、あなたの転職理由を見直してみてください。
200~400文字程度で書き出してみても良いでしょう。
書き出したものを転職コンサルタントにチェックしてもらうことも有効です。
声に出して読んでみて、自分の中で違和感を感じないか確認しましょう。

転職という行動を選択させたその動機(転職理由)を明らかにすることで、進むべき道や選択すべき仕事が明確になってくるでしょう。




綿井 伸
綿井 伸

株式会社ディスコ 取締役 キャリタスエージェント 事業部 事業部長 ■■採用ソリューション営業、商品企画、営業推進室を経て、1998年に人材紹介事業を立ち上げ。社長室長、グローバル事業責任者、営業統括本部長、管理本部長を経て2017年1月より取締役就任。全米NLP協会公認 NLP トレーナー、LABプロファイル® トレーナー■■

ご自身のキャリアに悩んだら、
「プロのキャリアアドバイザー」に
ご相談ください(サービスはすべて無料)。

キャリタス転職エージェント会員登録(登録無料)