catch-img

面接は見た目が9割?メラビアンの法則

転職活動で避けることのできない「面接」
面接担当者に、良いイメージをもってもらうためのアドバイスとして引用されることの多い「メラビアンの法則」

実は誤解されていることが多い、この「メラビアンの法則」について解説します。


「メラビアンの法則」というものを聞いたことがありますか?

メラビアンの法則は、アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した、非言語コミュニケーションの重要性を説く法則で、転職活動での身だしなみや、話し方のポイントとして多く引用されています。

コミュニケーションにおいて「見た目が一番重要」あるいは「話の内容よりも喋り方のテクニックが重要」という解釈のされ方をされることが多く、転職や就職活動の面接対策、営業セミナー、話し方教室などでこの解釈がよく用いられます。


「メラビアンの法則」に関する誤解

このメラビアンの法則、簡単に説明すると、コミュニケーションにおいて受け取る側の影響は


服装や髪形ボディランゲージなどの「見た目」―視覚情報(55%)

声の抑揚やスピードなどの「音の情報」―聴覚情報(38%)

話している内容そのものの「言葉の情報」―言語情報(7%)

となるというもので、ここから「人は見た目が9割」「見た目が一番重要」という解釈をされていることが多いようです。

コミュニケーションにおいて重要なものは、話の内容そのものよりも、見た目やジェスチャーだという解釈ですが、これは大きな誤解です。

「メラビアンの法則」は態度や感情のコミュニケーション

メラビアンの法則には「好意・反感などの態度や感情のコミュニケーションにおいて、メッセージの送り手がどちらとも取れるメッセージを送った場合、メッセージの受け手が声の調子や身体言語といったものを重視する」という前提があります。

つまり、怒った顔をして褒めた場合は、「怒った顔 > 褒めた言葉」という図式が成り立ち、褒められた人は嬉しいとは思わない。

または優しい笑顔を浮かべながら注意をしても、「笑顔 > 注意した言葉」という図式が成り立ち、注意された人は反省しない。

ということに過ぎません。

メラビアンの法則は、感情のコミュニケーションを扱ったもので、事実を伝えたり、相手を説得するなどのコミュニケーション全般について扱ったものではないのです。


例えば、皆さんが聞き手として、プレゼン内容に対する判断・評価をするときに、その内容よりも発表者の見た目や話し方を優先させて結論を出すとは考えにくいですね。

メラビアンの法則は、「見た目」「話し方」「言葉の内容」に矛盾が無いように話すべきであるということや、言葉だけでなく話し方や態度を適切化することで説得力を高めることができる、ということを言っているのです。


話す内容の説得力を高めるためには非言語のコミュニケーションが大切。

「人は見た目が9割」というのは極端な理解ですが、メラビアンの法則を考えた場合、話す言葉の内容そのものの説得力を高めるためには、「見た目」「話し方」という非言語のコミュニケーションを意識することは大切だということです。

あなたの話す内容の説得力を高め、聞き手の共感を得るために、身だしなみを整え、ハキハキと明朗にふるまうことが大切だということですね。


まとめ

いかがでしたでしょうか。
転職活動における面接で「見た目」や「話し方」に関する情報が多いのは、話す内容の拙さを補うためではなく、話す内容の説得力を高め、聞き手の共感を得るために大切なのだということをお分りいただけましたでしょうか。

「メラビアンの法則」は、非言語コミュニケーションの大切さを伝える、シンプルな概念であるからこそ、誤った理解をされがちです。正しい理解をしたうえで、非言語のコミュニケーションを転職活動にも活用していきましょう。

綿井 伸
綿井 伸

株式会社ディスコ 取締役 キャリタスエージェント 事業部 事業部長 ■■採用ソリューション営業、商品企画、営業推進室を経て、1998年に人材紹介事業を立ち上げ。社長室長、グローバル事業責任者、営業統括本部長、管理本部長を経て2017年1月より取締役就任。全米NLP協会公認 NLP トレーナー、LABプロファイル® トレーナー■■

ご自身のキャリアに悩んだら、
「プロのキャリアアドバイザー」に
ご相談ください(サービスはすべて無料)。

キャリタス転職エージェント会員登録(登録無料)